Artist of Little Beat Official Site

DSC_0236.JPG

宮間利之とニューハード

Toshiyuki Miyama & NEWHERD

リーダーの宮間利之は、1950年現在のニューハードの母体となるジャイブ・エーセスを結成し米軍クラブ等に進出。58年、子羊の群=“ニューハード”と改称し、コンサート活動・ラジオ・テレビ及びレコード界へと幅広く活躍し、70年代に日本のトップバンドの地位を固める。
サウンド指向は、創設以来一貫してモダンジャズを守りながらも、時代の変化とともに、コンテンポラリー・ジャズにも意欲的に挑戦し続けており、現在でも若手実力派ミュージシャンが難関を経て入団している。74年モンタレー・ジャズ祭に出演、日本のジャズミュージシャンとして初めての最高の栄誉賞を受賞。その他75年ニーポートジャズ祭、2000年JVCジャズ祭等、海外の有名なジャズ祭に数多く出演し、国際的にも高い評価を得ている。近年、テナーサックスの川村裕司を指揮(コンサートマスター)として起用、新鋭陣との連携も図られる。


最新ライブ情報・スケジュールLinkIcon
公認Web Site[旧ニューハードWeb Site]LinkIcon
参考Web Site[2004年までの歴史が満載]LinkIcon
参考Web Site[ニューハードを応援する会]LinkIcon

R0010561.JPG

見砂和照と東京キューバンボーイズ

Kazuaki Misago & TOKYO CUBAN BOYS

初代リーダー、故 見砂直照(みさご・ただあき)氏が1949年に結成。戦後の日本のラテン音楽界、またポピュラー界に多大なる影響を与え、30数年に渡り日本のラテンビッグバンドの王座に君臨した名門バンド。日本におけるラテン音楽の普及はもとより、メキシコ、キューバ、ペルー、パナマの中南米やソビエト公演等の長期海外公演、文化庁主催の芸術祭(ポピュラー部門)にビッグバンドとして初参加するなど未曾有な活動と功績は、1976年紫綬褒章、1982年キューバ共和国より文化勲章、1983年日本政府より勲四等旭日小綬章など数々の章を受章。通算300枚以上のアルバム(LPレコード)を発表という金字塔を達成したが、1980年に惜しまれつつ、その輝かしい活動に幕を閉じた。そしてその10年後に見砂直照も逝去する。
解散後も熱狂的なキューバンファンの声援を後押しに、2005年キューバ政府機関の招待によるキューバ公演を期に、子息である見砂和照(かずあき)氏が再結成を正式に表明。新生 ”見砂和照と東京キューバンボーイズ” が誕生。

Official Web SiteLinkIcon

PICT0123.jpg

オルケスタ・カリビアンブリーズ

Orquesta Caribbean Breeze

1970年代より現在まで、東京キューバンボーイズの歴代コンサートマスターを務めるトロンボニストの大高 實(おおたか・みのる)が、ラテン実力派ミュージシャンと結成した15名のオルケスタ・スタイルのバンド。キューバ、メキシコなど中南米音楽を中心に、女性ボーカルやコーラスを配置し、華やかなステージを演出する。1998年には、キューバ文化省、キューバ音楽協会及びキューバ諸国民友好協会の招聘による念願のキューバ・メキシコ公演を大成功に収め、その存在を不動のものとした。
2002年CD“LA BRISA CARIBENA”をリリース。
2013年、結成20周年のコンサートをビッグバンドスタイルで披露し大好評を博す。

Official Web SiteLinkIcon

Tedy Ikegaya Photo.jpg

テディ池谷(pf)

Teddy Ikegaya

1956年、ジャズピアニストとして華々しくデビュー。北村英治、鈴木章治、松本英彦、渡辺貞夫、ジョージ川口等、日本を代表するプレーヤーと共演し、スウィングからムード音楽・ラテンからモダンジャズまで全てのジャンルの音楽に通じる感性豊かな音楽家で高い評価を得る。
1971年東京キューバンボーイズのコンサートマスター兼アレンジャーとして参加。
磨きぬかれたテクニックと華麗で繊細な音色は「日本のカーメン・キャバレロ」、「ピアノの詩人」と呼ばれ、まさに「鍵盤の魔術師」である。
2012年 音楽生活55周年を迎えた。

最新ライブ情報・スケジュールLinkIcon

ALL4.jpg

どんでどん

Don de Don

ラテン音楽を極める5人の強者たちが集まり結成された音楽集団。
精鋭たちが織り成す世界は、情熱のリズムと美しいのメロディを醸し出し、一度聞いたら忘れられない、上質感漂うラテンワールドを創り出す。結成以来、全国各地でコンサート、ライブ活動を精力的に行ない着実な人気を得ている。
2010年結成、2011年、2012年と全曲オリジナル作品のCDアルバムを発表。2015年待望の3rdアルバムを発表。
これぞ最上級のリラクゼーション&ラウンジ・ミュージック!

● メンバー
加塩人嗣(Saxophone & Flute)/あびる竜太(Piano)/諸藤一平(Drums)
渋谷和利(Bass)/納見義徳(Latin Percussion)

Official Web SiteLinkIcon

IMG_0210.JPG

Alan Saucedo (Cello)

アラン・サウセード(Dr.Alan Saucedo):メキシコ・モントレー出身。アメリカ・ヴァージニア州在住。シェナンドア大学にて修士ならびに博士課程終了。自身の博士論文をもとに、メキシコ人チェリスト、カルロス・プリエトの伝記と彼へ捧げられた数々の楽曲のカタログ、“The Influence of Carlos Prieto on Contemporary Cello Music”をUniversity Press of Americaより出版。ソリスト、室内楽奏者、チェロ講師としてメキシコ、日本、アメリカ、スペイン、ブラジル、パラグアイにて活動、活躍中。

●You Tube Link
・Georges Bizet - La Fleur Que Tu M'avais Jetée - Alan Saucedo/Rafael Guerra
https://m.youtube.com/watch?v=w30KBlZxjqU
・Astor Piazzolla - Le Grand Tango - Alan Saucedo/Rafael Guerra
https://m.youtube.com/watch?v=eRvhMUh01oA
・Alan Saucedo plays Zigeunerweisen by Pablo de Sarasate
https://m.youtube.com/watch?v=YcAhCuework
・Flight of the Bumblebee (Vuelo del Moscardon, vuelo del abejorro) by Rimsky-Korsakov, arranged for cello quartet by Laszlo Varga.- Alan Saul Saucedo Estrada (solo)
- Konrad Komusinski
- Sergio Castellanos
- Mateusz Swoboda
https://m.youtube.com/watch?v=nYui-WLolCQ